みる、演じる、ささえる。わたしがつくるトライアングルステージ!日本最大の人形劇の祭典(長野県飯田市)いいだ人形劇フェスタ
みる、演じる、ささえる。わたしがつくるトライアングルステージ!日本最大の人形劇の祭典(長野県飯田市)いいだ人形劇フェスタ
▼お問い合わせ
いいだ人形劇フェスタ
実行委員会事務局
〒395-0051
長野県飯田市高羽町5-5-1
飯田文化会館内
TEL.0265-23-3552
FAX.0265-23-3533
いいだ人形劇フェスタ 〜みる、演じる、ささえる。わたしがつくるトライアングルステージ!〜 Everyone Can Take Part by - Seeing, Playing or Supporting
フェスタ・レポート
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-|2009.08.10 Monday|
人形劇団「あかいくつ」
 8月9日13:30〜飯田人形劇場で行われた人形劇団「あかいくつ」の公演を見てきました。

開演前から会場は満席でみんな始まるのを楽しみに待っていました。
劇が始まると、客席から劇人さんと共に人形が登場し、お客さんもびっくりしていました。

劇は、横浜の開港から現代までを人形を使い、30分という短い時間の中でわかりやすく描かれていました。
横浜の開港を始め、ペリー来航・戦争・路面電車・青い目の人形・赤い靴など多くの歴史を盛り込んでいました。
また、劇だけでなく影絵などもあり、楽しめました。

公演後は、劇人さんが人形を持ってお客さんとの触れ合いも見られました。






公演後、劇を見たお客さんにインタビューしてみました。
お孫さんと来ていたおじいさんインタビューしました。
「横浜の歴史を分かりやすかったですが、孫みたいな幼い子には難しい内容でした。」と、言っていました。     

今度は、劇団の方にインタビューしてきました。

今日の公演を終えての感想をお聞きしました。
「人形劇場は階段状の会場なので、一番上から見るお客さんから舞台の裏側が見えないように移動するように心がけました。この劇場で上演するのは初めてだったので、事前にスタッフの人と何回も打ち合わせをして今日の本場に臨めたので、良かったです。」と答えてくれました。
いいだ人形劇フェスタに出ようと思ったきっかけをお伺いしました。
「この人形劇団「あかいくつ」は、色々な劇団が集まった劇団で構成されています。去年まではそれぞれの劇団でフェスタに参加していたので、今年は人形劇団「あかいくつ」でも参加しました。」とのことです。
2009年8月9日(日)|2009.08.09 Sunday|14:40
茶問屋ショーゴ
 「Dr.デンターとバイキンきん太」

〜作品紹介〜
バイキン・・・何かオモシロそう、でしょ?出てきます、きん太とぎん太。バイキンらしいか、らしくないかはあなたにお任せします。そしてこの二人、ン?二匹?二株?に対するのは、ムシ歯から子どもたちを守る正義の味方、我らがDr.デンター。太郎くんの歯の治療中に偶然発見したハトケール、「これは猛毒だ!まさかあの二人、ン?二匹?二株?の仕業か!これは困ったことになったゾー!小さくなる薬を手に入れたデンターは太郎くんの口の中に飛び込んで…」




〜会場内の雰囲気〜
親子連れが多く特に小さい子が多かったです。

〜劇の感じ〜
会場内の人たちと一緒に劇が進んで行き、見ている側もとても楽しかったです。
笑えるところがあり、大人にも子どもにもうけが良かったです。
「虫歯にならないように!」ということを教えてくれる劇でした。




☆インタビュー!!!!!!!!!!!!
〆Gでフェスタに出るのは何回目ですか??
→「5回目です。」

劇団名の由来はなんですか??
→「お茶の仕事もしていて、お茶も売っているからです。」

お茶と人形劇を一緒にやろうと思ったきっかけはなんですか??
→「お茶はもとからやっていました。人形劇は学生のときにやっていて家に帰ってもやっていたからです。」


同時上映で「ネコくん トラくん」もやりました。




とてもおもしろくて笑えます!!!
常連の子もいるほど大人気なので、来年もフェスタに来てくれたらぜひ見に行きましょう☆
2009年8月9日(日)|2009.08.09 Sunday|14:35
ブオウ&マラビージャス〜ブレーネンの音楽隊〜

9日11:30より、飯田文化会館ホールにて、ブオウ&マラビージャスによる
『ブレーネンの音楽隊』が上演されました。

ブオウ&マラビージャスは、スペイン・アンダルシア州特有の民俗音楽のフラメンコに合わせた人形劇を手がける劇団です。今日の公演では、グリム童話の「ブレーメンの音楽隊」をもとにセビリア近郊の村「ブレーネン」でロバ、犬、猫、鶏といったおなじみの動物たちが活躍します。



何回かフラメンコを踊る場面がありました。本物のフラメンコを見たことのない僕らは、とても感激して踊りだしてしまいました。そのぐらい情熱的で激しい踊りでした。
左端には2人の男性がギターを演奏をし、手拍子をし、歌を歌っていました。その演奏も情熱的でそれに合わせてまた踊りだしてしまいました。最後には観客全員が歌い、手拍子をして盛り上がりました。本格的なフラメンコと人形劇のコラボは新感覚でした。



劇中では日本語ではなくほぼスペイン語でしたが、ダンスなどの表現などで物語の内容はわかりました。言葉が違くても動きで伝わることを新手めてみた僕たちは人形劇のすごさをかんじ、やっぱり人形劇、おもしろいと思いました。


人形劇最高!!

2009年8月9日(日)|2009.08.09 Sunday|14:23
人形劇団パン  「おばけサーカス」

 8月9日の11:30から飯田文化会館1Fで、人形劇団パンの「おばけサーカス」他2本が、公演されました。

     

 おばけサーカスは、野原に突然現れた、おばけのサーカス一家がくりひろげる不思議なお話です。
本物のサーカスを観ているようでした。お客さん全員が、夢中になって観ていました。

   

パンさんにインタビューしてみました
上演の感想
 
  楽しんで見てくれてありがたい。

フェスタや飯田の町に対する印象

  あったかくて、いい町。

      今日の14:30からも上演します!・^−^・

2009年8月9日(日)|2009.08.09 Sunday|13:24
人形劇団あかいくつ
     あかいくつーヨコハマ物語ー

今日の11:30から、人形劇場で「あかいくつーヨコハマ物語ー」がありました。



横浜開港から現代までの150年を、
青い目の人形や童謡「あかいくつ」の少女の人形などを使って、わかりやすく劇にしていました。



平和を訴えかける、素晴らしい劇でした。

ーw−;               
                    −v−
♪¥(ーv−)/♪


2009年8月9日(日)|2009.08.09 Sunday|12:50
|1/8ページ|>>